オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー観てきました(oVo)

 震災発生から22日目。今日から新年度、暗いムードをぶっとばせ!!地震・津波・放射能にライダーキックだぁ!!^^;。

画像

 ・・・ということで(どういうことだ・笑)世の中、自粛の最中、予定通り4月1日に上映してくれた事に対して、まずは拍手を贈りたい。



 こんなことを書くと「不謹慎」だと思われそうだけど、ヒーローは災害に負けてはいかんのよ!!。


 世の中が大変な時期だからこそ、強くて、やさしくて、カッコイイ、ヒーローが必要なんだと思います。
 
1971年にテレビ放映を開始し、長い間不動の人気を誇ってきた「仮面ライダー」シリーズ40周年記念の娯楽大作。悪の組織ショッカー軍団に支配されようとしている世界を救うため、すべての力を振り絞って戦いに挑む仮面ライダーの勇姿に迫る。『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』の渡部秀と『BECK』の桜田通が、仮面ライダーオーズ、仮面ライダーNEW電王を演じる。人類に残された最後の希望の光となる宿命の戦いに驚嘆。

 仮面ライダーと呼ばれる正義の味方たちはこの世の平和と秩序を守るため、長年悪の組織と命懸けで戦ってきた。だが、2011年現在、悪の権化であるショッカーたちは着々と勢力を増大し、今まさに全世界を手中に収めようとしていた。正義のヒーローたちの姿が見えない中、ショッカーたちの魔の手が次々と世界を覆いつくし……。

 簡単に内容を説明すると・・・


 戦いの最中1971年11月11日に跳んだモールイマジンを追ってデンライナーに乗り込んだ火野映司=仮面ライダーオーズとアンク、そして、野上幸太郎=仮面ライダーNEW電王たち。モールイマジンは倒したもののアンクがセルメダルを落としてショッカー戦闘員の手に渡り、現代(2011年4月1日)に戻ってきたら、さぁ大変!!・・・というお話^^;。



 今日が公開初日なので、ネタバレの話は無し。



 ただ、気になった事をいくつか言わせてもらうと・・・


 火野映司たちが戻ってきた正義の仮面ライダーが存在しない世の中が東日本大震災の被災地(自粛)のように見え、群衆の中からオールライダーが次々現れるシーンの場所が昔の後楽園遊園地、現在の東京ドームアトラクションズ(これも自粛か!?)のショーのように見えたのは私だけか?^^;。


 それと、私も昔隊員でしたので(大笑)今回の少年仮面ライダー隊の隊員が乗ってる自転車が昔に比べたら安っぽくなったような?^^;。


 あと、公開前から話題になっていた人造人間キカイダー、キカイダー01、イナズマン、怪傑ズバットが登場したのはいいけど・・・ああいう扱いなら出さなくてもいいのでは?。やはり、あの人の相手は仮面ライダーストロンガーでないとね^^;。


 他にも、白衣の男が仮面ライダーZOでネオ生命体を作った望月博士ではなかったとか・・・ツッコミどころは色々ありますが^^;



 それでも、こういう仮面ライダー全員集合的な映画は嫌でも観る方のテンションが上がります。


 1号、2号、Ⅴ3、ズバットの声が藤岡弘、、佐々木剛、宮内洋によるもので、Wの変身前の人達も登場はしたものの、あれだけの人数になると大半が本当に顔見世だけで終わってしまうのが残念。ぜひ、次回全員揃うときは他のライダーもメインにしてほしいですねぇ。




Let's Go RiderKick 2011 (DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
2011-04-20
仮面ライダーGIRLS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Let's Go RiderKick 2011 (DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル