劇場版仮面ライダーディケイド・オールライダー対大ショッカー観てきました

 「ライダーがいる限り、大ショッカーの野望は遂げさせん!」(oVo)

画像


 ・・・ということで、話題騒然のオールライダー対大ショッカー観てきました。


 昭和と平成のライダーの競演と、ディケイドの最終回という触れ込みだったので、これを期待しない訳もなかったのですが・・・。 

 平成仮面ライダーシリーズ10作目にあたり、前9作の仮面ライダー世界を渡り歩く青年の活躍を描く特撮ドラマ「仮面ライダーディケイド」の劇場版。本作では昭和から平成の歴代26ライダーが集結し、全世界の悪が結束した秘密結社・大ショッカーと激闘を繰り広げる。懐かしの昭和ライダーに加え、地獄大使や死神博士など敵側のキャラクターも多数復活。オールライダー対大ショッカーの壮絶バトルの行方に注目。

 士(井上正大)、夏海(森カンナ)、ユウスケ(村井良大)がたどり着いた謎の洋館には、士の妹を名乗る一人の少女がいた。彼女に付き従う男によるとこの世界も滅びようとしており、それを食い止めるためには最強のライダーを決めなくてはならないという。世界の滅亡を防ぐべく、士は数々の仮面ライダーたちと激闘を繰り広げていくが……。

 確かに歴代ライダーがズラリ揃うのは圧巻でしたけど・・・


 クライマックスのディケイドを助ける為に現れた仮面ライダー1号~J(それと平成組+仮面ライダーW)には感動しちゃいましたが、各ライダーの戦闘シーンでの掛け声を聞くと明らかに別人で「あららら・・・」って、どこか感動がさめちゃいました(-_-;)。


 映画の製作発表の際、藤岡弘、、佐々木剛、宮内洋といった歴代ライダーを演じた役者達がメッセージを贈っていたので、出演までいかなくても、声だけでもサプライズあるかと期待してたんですが。


 告知どうりの出演の南光太郎(倉田てつを)、津上翔一(賀集利樹)も1カットだけの登場で・・・ああいう登場の仕方なら、他の人も出てくれそうな感じで、なんかガッカリ。
画像

 新(・・・あえてこう書く)結城丈二(Gackt)の変身シーンは無く、クライマックスで登場のライダーマンと同一人物なのかも謎のまま?。


 それに、新・死神博士も光栄次郎(石橋連司)と同一人物のなのかもあやふやだったし・・・


 やっぱり、この辺はテレビの最終回まで秘密なのか???。


 散々期待させていた作品だっただけに、色々な意味で惜しい。


 同時上映の侍戦隊シンケンジャーは冒頭から大合戦が始まるとかあったけど、観終ってみると、これといった見せ場も無かったような(一応、新メカとか出てましたが)???。


 やはり、一部地域限定の3Dで観たかったよなぁ~(-_-;)。




メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009-07-21

ユーザレビュー:
内容は物足りないけど ...
メイキング毎年劇場版 ...
子供たちは楽しみにし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ