女子大生の雄一郎君

  昨日、テレビのザ!世界仰天ニュースを観ていたら「以前はこんな人間でしたスペシャル・死を覚悟して 女子大生」というタイトルで、再現ドラマをやっていた。 

2006年7月19日、タイ・プーケット島。リゾート地として、有名なこの島の病院である手術は行われようとしていた…。危険だということを十分、理解していることを宣言する承諾書にサインする一人の日本人。そこには「手術によって万が一死ぬことがあっても構いません」とあった…。死を覚悟してさえ、受けたかった手術。実は彼女は壮絶な人生を歩んでいた…。将来を期待され、エリートの道を歩んできた一人の日本人。しかし彼女には秘密があった!死を覚悟しながら生きる地獄の日々とは?

 名前は中村雄一郎・・・


 まぁ、女子大生ではなく、男子大生だったんですが。


 内容はこれで大体わかるように、身体が男で心が女でという・・・性同一性障害という症状の雄一郎が、家族や社会の差別や偏見を経て、本来の性の身体、「性別適合手術を受ける為に単身タイへ飛びたつ」という話でした。

画像
 この主人公、中村有里(のちに戸籍変更し改名)さんは、現在人気ティーン誌「小悪魔ageha」でレギュラーモデルを務めるタレント椿姫彩菜(つばき あやな)。


 家庭が裕福で、現役大学生であり、モデルであり、ニューハーフとして売り出しているタレントだけに、とても美しく、華やかな印象の方ではありますが・・・


 ただ・・・現実に同様の悩み(Gender Identity Disorder(GID)=性同一性障害)を抱え込んでいる多くの人達の視点にあわせて観ると、この中村有里さんというのは幸せな人であって、あくまで一例に過ぎないんだろうなぁ~。


 テレビやメディアで観ている分には、いいんですけどね。



ザ!世界仰天ニュース 以前はこんな人間でしたスペシャル・死を覚悟して 女子大生
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/080618/01.html
椿姫彩菜 ブログ
http://ameblo.jp/tsubaki-ayana/



わたし、男子校出身です。