君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 正月に・・・マルモのおきて

<<   作成日時 : 2012/01/03 21:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日と今日の2日間、テレビで「マルモのおきて」の一挙再放送をやってまして全話観ちゃいました。

画像


 
 昨年4月から放送されて評判が良かったのも知ってたけど、一度も観ることなくて最近まで「マル・マル・モリ・モリ!の薫と友樹たまにムックって何者?」と思っていたくらい(笑)。いや、あの子役の二人は知ってたけど、どんなドラマか内容が想像つかなかったわけで。



 ・・・で、観て感じたのは、一昔前のドラマの作りなんだよなぁ〜。


 「血の繋がらない子供を引き取った独身男が奮闘する」という内容って、70年代の石立鉄男のコメディドラマみたい(・・・ということは阿倍サダオは石立鉄男で、芦田愛菜が杉田かおるで、鈴木福が宮脇康之か?)。でも、最近のドラマは現実と同様で暗くて殺伐したものが多かったし(実際、マルモのおきて本放送直前は東日本大震災だったし)そういう時期だから、かえって新鮮だったし面白かった。

 
 それと、喋る犬ムックの存在がよくわからなかったけど、最終回まで観ていたら「あぁ〜そういうことか」って感じで^^;。


 父親の死や母親の育児ノイローゼー、冷たい親族・・・扱う題材は重いんだけど、マルモと双子の子供達のやりとりが楽しくて、これがこのドラマの救いでしたよね。




「マルモのおきて」 DVD-BOX
ユニバーサルミュージック
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「マルモのおきて」 DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

正月に・・・マルモのおきて 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる