君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本沈没(2006年版)を観ました・・・

<<   作成日時 : 2011/06/08 18:05   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 時期的に「不謹慎」と思いながらも気になってレンタルで観てしまったこの作品。

画像


 1973年公開の同作品のリメイクで主演は草g剛・柴咲コウ。
相次ぐ自然災害が、日本列島を襲う。その原因を探るために潜水艇『わだつみ6500』の操縦士である小野寺俊夫(草なぎ剛)は、地球科学博士・田所(豊川悦司)の指揮のもと、同僚の結城(及川光博)と深海調査に向かった。そこで判明したのは、バクテリアの発生によって海底プレートが急速に沈降しているという衝撃的な事実だった。あらゆるデータをもとに試算を繰り返す田所は、日本列島が1年後には沈没するという驚愕の結論を得た。その危機を訴える田所だが、エキセントリックな彼の言動は学会でも一笑に付された。しかし、内閣総理大臣の山本尚之(石坂浩二)は田所の学説を受けとめて、閣僚内に危機管理担当大臣を置く。その任命を受けた鷹森沙織(大地真央)は、かつての田所の妻だった。そんな中、地震災害の被害者救出に向かった小野寺は、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子(柴咲コウ)と出会う。二人の努力によって、倉木美咲(福田麻由子)は一命を取り留めるが、彼女は震災孤児となった。阪神大震災で家族を失った玲子は、美咲を引き取ることを決意する。そんな玲子に、小野寺はいつしか惹かれていく。一方、きたるべき有事に備えて、日本の避難民を海外に受け入れてもらう要請に向かった山本総理が乗る飛行機も、突如噴火した火山の溶岩に飲み込まれてしまう。続々と日本全土を襲う自然災害の波。鷹森大臣は非常事態宣言を発令するが、北海道を皮切りに九州から内陸へと災害は拡大し、逃げ惑う人々は退路を失って犠牲者は増大した。このまま日本は滅亡するのか? しかし、唯一の回避する方法が見つかる。それは、海底プレートの異変ににショックを与えて断裂すれば、地殻の変動は食い止められるというのだ。小野田は、愛する玲子たちを守るため決断する。爆薬を仕込んだ潜水艇を操縦し、ひとり深海へと潜っていく小野田。彼の貴重な命との引き換えに、日本列島は沈没の危機を回避することできた。

 東日本大震災で自然災害と原発崩壊の恐怖を見せられているので


 しょせん映像は現実にはかなわない!!


 ・・・と思いながらも、ここまでショボイと「何だかなぁ〜」って感じ。


 まず、この映画は災害映画なのか?恋愛映画なのか?

画像


 日本が沈むという大変なときに重要な役柄の人間がイチャついていたら、現実なら津波に巻こまれるし、被爆するぞ(オイ!!)・・・。



 冒頭の大災害の爆発のなかヘリから子供を救出するハイパーレスキュー隊員・阿部玲子役の柴咲コウ。カッコよさを演出したんだろうけど、まずこんなやつはいない。いくら非常時だからって、ノーヘルでスクーター3人乗りはねぇだろう!!。


 それと、主役の小野寺俊夫役の草g剛。どう見ても日本を救えるような感じのしない頼りなさだし、結局、自己犠牲という形で結末を得るんですが、生き残って最後の最後まで日本沈没させないために翻弄する姿とかのほうが観ているほうも熱くなれるし、そうあってほしかった。だから、アレじゃぁねぇ〜。




日本沈没 スタンダード・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2007-01-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本沈没 スタンダード・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『日本沈没』(2006)
のっけから駿河湾で大地震が発生し、アメリカの学者が「近い将来日本は沈没する」と断定。ここまではスピーディーなんですが、科学者の豊川悦司が「いや、一年も無い!」と反論し、政府首脳をバカ呼ばわりする辺りから迷走が始まります。 気が付けば、危機管理能力に欠け、保身に走る政治屋連中が右往左往する中、貧乏くじを引いて担当大臣になってしまった大地真央が孤軍奮闘・・・というドラマが延々と描かれます。・・・・・・あれ? ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/06/08 23:28
日本沈没(2006年版)を観ました・・・ 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる