君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛は地球を救う オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)

<<   作成日時 : 2010/09/02 14:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 1978年8月、日本テレビ開局25周年記念特別番組として放送され、現在も続く、夏恒例の「24時間テレビ 愛は地球を救う」の音楽を収めたアルバムのCDによる復刻版。

画像

 作曲・演奏は大野雄二&ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド。



 角川映画、ルパン三世等の音楽で知られる大野雄二が、世界初の24時間生放送の為に(まさか、この長時間番組、毎年続くなんて最初から思わないよね?)作られた楽曲はどれも素晴らしい出来で、30数年経った今聴いても古びていないし、同じく、復刻されたジャケットの宇宙とピンク・レディーを配したイラストや、帯、ライナーにも当時の製作関係者の熱意が感じられます。



 「オープニング・エンディング曲Love Save The Earth(愛は地球を救う)」「2001年愛の詩」「この星をあなたに」「愛はマジック」「テレビアニメスペシャル手塚治虫の100万年地球の旅 バンダーブックのBGM 」・・・



 今では使われなくなった曲ですが、24時間テレビといえば「この曲!!」を思い浮かべるくらい「Love Save The Earth」は長きに渡って使われていた名曲!!。


 そもそもこの番組、深夜のワイドショー番組「11PM」のスタッフだった都築忠彦が、アメリカのラスベガスで毎年開催しているチャリティーテレソン「レイバーデイ・テレソン(別名:MDAテレソン)」を見て、日本でもやれると考え企画。


 そして、大成功を収めた「愛は地球を救う」は夏の風物詩のように毎年放送されていますが、チャリテイーやテレビという媒体である以上、募金額、視聴率の低迷により14回目を最後に都築忠彦が降板。音楽監督の立場で参加してきた大野雄二も、この年を最後に番組から離脱。


 あとは・・・ご存知のとおり、キワモノのタレントのマラソンあり、弱者イジメのチャレンジあり、視聴率稼ぎのジャニタレ起用ありで、「負けないで」大合唱ありの募金活動もそっちのけのバラエティと化してしまいましたが・・・作りとしては、何が起こるかわからない生放送ならではの初期の手探り感の頃が一番良かったですね。


 正直、番組趣旨とは異なる歌詞の「サライ」は私は好きではないので・・・昔のように真剣にチャリティー番組に取り組んでいた頃に戻ってほしいし、素直に感動できる楽曲に出会いたいです。



曲目リスト

1.Love Save The Earth(愛は地球を救う)
2.Birds at the Break of Down(鳥たちの朝)
3.The Lost World(ロスト・ワールド)
4.Pinky Rosy Princess(ピンキー・ロージー・プリンセス)
5.Flying Trough Time(時間旅行)
6.Radio Universe Calling(2001年愛の詩 歌・ピンクレディー)
7.Go!Space Cruiser(宇宙への曳航)
8.Space Omen(スペース・オーメン)
9.S’il Vous Plait(優しい関係)
10.Our Beautiful Planet Forever(この星をあなたに 歌・山口ますひろ)
11.Cosmic Cocktail(A Tom Collins with a Shot of Nitroglicerin)(コズミック・カクテル)
12.Magic Feeling of Love(愛はマジック  歌・ザ・バース)





愛は地球を救う(紙ジャケット仕様)
ブリッジ
2010-01-20
大野雄二&ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド

ユーザレビュー:
往年の大野サウンドこ ...
まさか!購入出来ると ...
バンダーブックもはや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛は地球を救う(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

愛は地球を救う オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様) 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる