君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE観てきました(o|o)

<<   作成日時 : 2009/12/16 23:37   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 上映がワーナーマイカルシネマズ中心のせいか、近場の映画館ではやってなくて、作品観たさに遠出しました。

画像


 しかし、県庁所在地のある映画館でやらない新作ウルトラマンの映画って・・・(-_-;)。


 それはともかく・・・

世界中で圧倒的な人気を誇る日本発のスーパーヒーロー「ウルトラマン」の、スタッフ陣を一新して作られた劇場版。海外ドラマ「パワーレンジャー」シリーズなどを手掛けた坂本浩一が監督を務め、総勢100体の大怪獣軍団とウルトラ戦士との一大決戦を活写する。おなじみのウルトラ兄弟に加え、初登場のウルトラ戦士たちのほか、43年間のシリーズの歴史で初めて姿を現わす悪玉“ウルトラマンベリアル”など、注目ポイントが満載だ。

 ウルトラ一族でありながら暗黒の力に魂を奪われ“光の国”で反乱を起こして数万年前に宇宙の牢獄に閉じ込められたウルトラマンベリアルが脱獄してしまう。100体を超す怪獣を操って暴れ回り、M78星雲に壊滅的な打撃を与えるウルトラマンベリアルを倒すため、ウルトラマンメビウスが怪獣使いのレイとともに立ち上がる。


 今回の舞台には地球は一切登場せず、ウルトラの星・光の国での一大事ということで、予告等の映像からもかなりの異色作であることがうかがえ、期待半分、不安半分だったんですが・・・観始めると、これがいい感じの仕上りで。

 マイナスエネルギー増大による怪獣達の暴動やら、プラズマスパークによるウルトラマンの誕生やら、ウルトラサインの入った衣装。そして、若かりし頃のウルトラの父、母、ゾフィーに、マントを着けたウルトラ兄弟・・・


 今までシリーズで触れられた設定や、ある意味裏設定(?)的な部分の映像化には驚きました。


 なかでも、あの人の名前が



 「ケン」と「マリー」



 ・・・だったのには^_^;。 


 悪のウルトラマン、ベリアル・・・


 光の国の人達は「絶対正義!!」だと思い込んでいた幼い頃からの考えを見事なまでに崩されたような暴れっぷり。


 新ヒーロー、ウルトラマンゼロ・・・


 ウルトラセブンの息子なんだけど、上半身が青で下半身が赤で、父親と似てないのですがホントに親子?(笑)。


 映画では触れられていないのですが、やはり母親はアンヌ隊員?(笑・笑)。

画像 

 今回の映画には数多くのゲストが出演および声の出演をしてましたが、小泉純一郎、内山まもる、古谷敏よりも出番の一番美味しかったのは


 怪獣軍団として紛れ込んでいたプレッシャー星人



 ナイナイの岡村隆史でしょうか(大笑い)。




ウルトラ怪獣シリーズ2009MOVIE 百体怪獣ベリュドラ
バンダイ
2009-12-19

ユーザレビュー:
プレミア必須のアイテ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」(後編,ネタバレ有り)
 さて,前置きが長くなりすぎてしまったので別稿となりました「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」の感想等に早速入りたいと思います。 ...続きを見る
よろずな独り言
2009/12/27 21:31
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 映画の原点とは?
 東京大学の講義「マルチメディア概論」をまとめた岡田斗司夫氏の著書『東大オタキングゼミ』に、次の一節がある。 ...続きを見る
映画のブログ
2010/01/04 21:40
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE観てきました(o|o) 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる