君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS MISSING BOYs 僕が僕であるために が気になる

<<   作成日時 : 2009/01/29 20:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 既に公表されているのですが、尾崎豊の楽曲がモチーフとなっている舞台劇「MISSING BOYs 〜僕が僕であるために〜」の公演。

画像

「MISSING BOYs 〜僕が僕であるために〜」
公演日:2009年4月18日(土)〜5月5日(火・祝)
会場:赤坂ACTシアター
料金:S席10,000円 A席8,000円(税込)
チケット発売日:1月17日(土)

監修:須藤晃
脚本・演出:熊谷和徳
出演:藤本涼 早乙女太一 やべきょうすけ 松本まりか Song Riders(KG K-9 shot、TK smooth、MY A FLOW、HIDE) 熊谷和徳 (特別出演) 中村あゆみ 他

*MISSING BOYs 前夜祭
日時:3月23日(月)
会場:赤坂BLITZ

 内容は尾崎の曲で構成される青春群像劇だそうで、現在、舞台の公式サイトではScrambling Rock’n’Rollをヒップホップにアレンジしたカバー曲にのってのプロモーション映像が公開されている。

 出演者の名前を見る限り・・・


 まず、注目は早乙女太一でしょうか。


 伝統芸能の女形として既に名が知れてる彼の現代劇の初男性役だそうで、どんな演技を見せるのか?。

 それと・・・


 生前の尾崎と交流もあった中村あゆみ


 最近は発泡酒のCMで「翼の折れたエンジェル」がBGMとして使われていたり、坂本冬美の新曲「アジアの海賊」を書き下ろし、新宿コマ劇場前の特設ステージでの披露にスペシャルゲストとして参加したりと、活動が目立っている彼女が何を伝えようとするのか?。


 気になる舞台です!!。


 仕事休み取って観に行きたい・・・^^;。 



 MISSING BOYs 〜僕が僕であるために〜
 http://www.missingboys.jp/




太一 16歳・千年の祈り
朝日新聞出版
早乙女 太一

ユーザレビュー:
おもしろい☆太一君を ...
千年の祈りの舞台裏か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

MISSING BOYs 僕が僕であるために が気になる 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる