君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS ロッキー・ザ・ファイナル観てきました

<<   作成日時 : 2007/05/11 11:15   >>

トラックバック 3 / コメント 4

 NEVER GIVE UP
 
 自分をあきらめない

 
 正直、観にいく直前まで「今更ロッキーでもないだろう・・・」という気持ちが強かったのですが、観てきました。

画像 
 30年後の・・・
 
 「イタリアの種馬!」(笑)


 いや、失礼・・・


 「アメリカの寅さん!!」(笑・笑)(~_~;)。


 ロッキーの映画は好きで全シリーズ通してみてました。
 
 でも、作品の出来としては1作目が最高だと思うし、その後再戦の2、3で完結したかと思えば、ド派出な4、ストリートファイトの5まで続いて・・・

 約17年ぶりの新作にして完結編!! 
数々の伝説を生み出してきたハリウッドの歴史において、30年の時を経た今もまったく色褪せずに語り継がれるサクセス・ストーリーがある。『タクシードライバー』『ネットワーク』『大統領の陰謀』といった強力なライバル作を退け、見事に1976年のアカデミー作品賞に輝いたその映画は、当時無名の俳優が書き上げた脚本を、彼自身の主演で映像化した低予算作品だった。すべての観客の心を熱く揺さぶり、世界中で大ヒットを記録したこの歴史的な名作『ロッキー』は、脚本・主演のシルベスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げ、映画界におけるアメリカンドリームの代名詞となった。

 やがて『ロッキー』は、1990年までに全5作のシリーズへと発展。そして第1作から記念すべき30周年にあたる昨年の12月、スタローンが自らの分身というべき主人公ロッキー・バルボアを愛する人々に格別の思いを込めて贈る『ロッキー・ザ・ファイナル』が全米公開され、大反響を巻き起こした。伝説的なシリーズの真の最終章を飾る入魂の一作が、いよいよ日本のファンのもとに届けられる。

 無敵のチャンピオン、アポロとの30年前の死闘を皮切りに、リングで情熱を燃やし続けたロッキーも今は引退し、フィラデルフィアで小さなイタリアン・レストランを経営している。愛妻エイドリアンはガンで他界し、息子のロバートも家を出て行った。エイドリアンとの思い出だけにすがって生きるロッキーは、心の空洞を埋めるようにして、再びプロ・ボクサーのライセンスを取得する。そんなある日、スポーツTV局が向かうところ敵なしの現役ヘビー級王者ディクソンと往年のロッキーの強さを比較するシュミレーション番組を放送し、両者の対戦企画が持ち上がる。ロッキーはある決意を胸を秘め、数万人の大観衆が熱狂するラスベガスのリングに上がるのだった……。

 ロッキーの映画の面白さは、単にボクシングだけでなく、周りを取り巻く人間関係・・・人との絆について書かれてる点にあると思います。
 
 今回も愛妻エイドリアンの死、息子のロバートとの確執。30年前の不良少女で今はシングルマザーとして再会したマリーの存在や、かつてロッキーと対戦し今は盟友として店に訪れるスパイダー・・・。

 そして、対戦相手ディクソンとの試合を終えた後の満足感の笑みを浮かべるロッキー・・・

 そこには試合の勝ち負けよりも、辛さを乗り越えてきた人間の心が表れているようで、観ている私も毎回のことではありますが、その姿に感動してしまいます。(^^)v


 ロッキー・ザ・ファイナル
 http://movies.foxjapan.com/rockythefinal/



ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック
ザ・ベスト・オブ・ロッキー「ロッキー・ザ・ファイナル」サウンドトラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ロッキー・ザ・ファイナル」
原題:Rocky Balboa シルベスター・スタローン、1946年7月6日生まれなので既に還暦を迎えている。1977年公開の第1作から30年の時を経た夢とネバー・ギブ・アップ完結編・・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/05/12 15:05
【2007-54】ロッキー・ザ・ファイナル(ROCKY BALBOA)
どんなに打ちのめされても・・・ 前に進み続ける 決して あきらめずに ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/05/20 22:11
ロッキー・ザ・ファイナル
 76年から90年にかけての14年間で5作を数えたシリーズものが、16年を経て最終作がリリースされました。  とはいっても、自分が完全に観たものは"1"のみ。あとは断片的に目にしてきただけにすぎません ...続きを見る
シネクリシェ
2007/05/24 06:30

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ロッキー、好きでした。
私も、これはどうかなぁ?と、思っていましたが。
しゅうさんのブログを読んで、見てみようかな?と、思いました。
ありがとうございました。
kim
URL
2007/05/11 12:16
僕も見ました、ロッキー
SNSの「映画コミュ」に書いた感想の抜粋です


メチャクチャパンチを浴びてダウンして
そこから驚異的な反撃をすると、普通なら
「そんなのあるわけないだろー!」となるのに
ロッキーだったら納得して応援してしまう
不思議ですねえ
だからロッキーなんですね

これに尽きます
ロッキーは5でちょっと裏切られた感じだったので
期待せずに行ったんですが、観てよかったです
やはりリングで戦ってこそのロッキーですね
にゃんきち
2007/05/11 15:20
 kimさん
 期待せず観に行ったら、「実は面白かった」というパターン。
 映画の製作側のほうも、1作目のロッキーを意識して作っているらしく、随所にそういうシーンも盛り込まれていて、それを探すだけでも楽しかったですよ(^^)。
しゅう
2007/05/12 10:22
 にゃんきちさん
 あれだけ相手からパンチを浴びてたのに、後半のロッキーの反撃(笑)・・・でも、あの作品なら納得してしまいます^^;。
 やはり、リングで戦っているロッキーはカッコイイですよね。
しゅう
2007/05/12 10:41
ロッキー・ザ・ファイナル観てきました 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる