君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 斉藤由貴 YUKI’S MUSEUM

<<   作成日時 : 2006/09/26 21:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 1989年11月発売の斉藤由貴のベストアルバム。
 
 第3回ミスマガジン(講談社)グランプリを受賞。明星食品の「青春という名のラーメン」のCM
出演が話題を呼び、1985年に「卒業」で歌手デビュー。
 
 同年、「スケバン刑事」でドラマ初出演。一躍彼女の名を広めた。


 2006年9月公開の映画スケバン刑事に「当時のファンが喜んでくれるのでは」と四代目麻宮サキ(松浦亜弥)の母親役出演を快諾したそうで・・・


 自らが主演した作品に「母親役」として出られようになったことに、時の流れを感じてしまいます。

 ・・・で、ここで紹介するのは、女優だけでなく、アイドル歌手としても活動していた頃の曲が収められています。


 もともとは女優志望でありながらも、楽曲に恵まれ出す曲、次々ヒット!!。


 作家陣も松本隆、森雪之丞、谷山浩子、来生えつこ、玉置浩二、原由子、等々。

 自身も作詞や創作活動もしていたので、その辺で


 尾崎豊との接点につながったのかなぁ〜


 ・・・という話はここまでにして(~_~;)。


 ♪あぁ 卒業式で泣かないと
  
  冷たい人と言われそう
  
  でも もっと悲しい瞬間に
  
  涙はとっておきたいの
(卒業)

 
 ♪迷子の恋を 抱きしめて

  さまよい歩く 墨江の街
(白い炎)

 
 ♪平気 涙が乾いた後には 夢への扉がのあるの

  悩んでちゃ行けない

  今度 悲しみが来ても 友達迎える様に微笑うわ

  ・・・きっと 約束よ
(悲しみよ こんにちは) 

 
 現在も女優として映画・テレビ・舞台はもちろん、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍中。

 つい最近だと、TBSの昼ドラマ 吾輩は主婦である で競演の及川光博とのユニット やな家 として久しぶりにCDも出してましたね。

 曲目リスト
画像
1. 夢の中へ
2. 青空のかけら
3. 「さよなら」
4. 初戀
5. 悲しみよ こんにちは
6. MAY
7. 情熱
8. オラシオン~祈り~
9. うしろの正面だあれ
10. 3年目
11. 少女時代
12. 白い炎
13. 土曜日のタマネギ
14. 卒業
15. Where~金色の夜~
16. 砂の城
17. ラッキー・ドラゴン




YUKI’S MUSEUM
YUKI’S MUSEUM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご訪問ありがとうございました。
白い炎、悲しみよこんにちは、いいですよね。
koo
2006/09/30 18:43
 kooさん、コメントありがとうございました。
 斉藤由貴はいい曲多いですよね。
 それと、女優としての、どこかポーッとしてるところも
いいなぁって思います(^^)。
 
しゅう
2006/10/01 19:24
斉藤由貴 YUKI’S MUSEUM  君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる