君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛と青春のヒット・ストーリー 1980

<<   作成日時 : 2006/04/12 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 聴きたい曲を探していたのと、値段の手頃さで大分前に購入したものですが、最近になってまた取り出して車で聴いてました。

 
 1970〜80年までのソニーから出たヒット曲を収めたCDのシリーズなのですが、そのなかで私が持っているのが1980年。
 
 今から26年前ですけど・・・リストを見てもらえば判ると思いますが、曲が充実しています。

曲目リスト
画像
1.恋人よ(五輪真弓)
2.さよならの向う側(山口百恵)
3.ランナウェイ(シャネルズ)
4.青い珊瑚礁(松田聖子)
5.唇よ,熱く君を語れ(渡辺真知子)
6.How many いい顔(郷ひろみ)
7.さらばシベリア鉄道(太田裕美)
8.ペガサスの朝(五十嵐浩晃)
9.重いつばさ(岸田智史)
10.月あかり(村下孝蔵)
11.ガラスのジェネレーション(佐野元春)
12.嵐の金曜日(ハウンドドッグ)



 故 淡谷のり子大先生が絶賛し、自らも歌ってた 恋人よ。

 山口百恵引退前の曲に、松田聖子の大ブレイク曲。
 
 渡辺真知子と郷ひろみは化粧品のCMソング。
 
 さらばシベリア鉄道 は大瀧詠一の名曲。
 
 重いつばさ は1年B組新八先生の主題歌。
 
 ハウンドドッグはデビュー曲ですよ。
 
 それとシャネルズ(=ラッツ&スター)もね、田代まさし・・・(-_-;)。


 ペガサスの朝 なんか、聴くとさわやかな朝が迎えられそうな気持ちになる、いい曲なんですけどね。 


 ・・・どこ行っちゃったんだろう?五十嵐浩晃(^^)。



DREAM PRICE 1500/愛と青春のヒット・ストーリー1980
DREAM PRICE 1500/愛と青春のヒット・ストーリー1980

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

愛と青春のヒット・ストーリー 1980 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる